【実践】子供を将棋に引き込む魅力的な方法とは?

子供雑貨

昔からある将棋。

『将棋は知っているけれど実際にはどうやってやるの?』

そんなパパママさん多いのではないのでしょうか??

実はわたしもそうです。笑

将棋初心者におすすめKUMON TOY 「スタディ将棋」

そんなパパママさん必見!!

今、KUMON TOYよりこんな分かりやすい将棋が出ていて

我が家も長男5歳の時のお誕生日に購入しました。

『スタディ将棋』

NEWスタディ将棋おもちゃ こども 子供 パーティ ゲーム 5歳

価格:3,140円
(2021/2/8 10:42時点)
感想(7件)

最近、将棋と言えば藤井聡太さんだったり

タイトルをとるたびにニュースで取り上げられているのを見ると

なんだか知的でカッコいいな~っと思い、

『うちの息子たちも将棋に興味出ないかな~』なんて思っていました。

将棋で身につく先読み力の大切さ

将棋は先読み力がつくことでも知られていますよね?

先読み力は生活をする上でもとても大事なことでもあります。

“〇〇するとこの後どうなる?”という志向です。

これは危険回避能力や未来的思考につながります。

こんなことを日々の日常にも取り入れて、

自分なりに生きやすい生き方をつかんでほしい。

そんな風にわたしは思うのです。

プレゼントの将来価値

しかし、いきなり5歳の子に将棋といってもなんだか漢字だし難しそう;;

との印象で全然くいつかない!!!笑

こういう時の親と子の温度差半端ないですよね。笑

でも、これは私たち夫婦にとっては“想定内”でした。

というのも、子供はきっかけさえあれば自然と興味関心は後々ついてくる。

そういうものだと思っているからです。

なので、今スグ買ってやる事よりも将来価値のあるものの方が実際長続きします。

「これ、お誕生日プレゼントに欲しいんだ!」っと言って買ってあげたが

実際プレゼントしたら秒で飽きられた経験ありませんか?

子供はとても単純なので、希望のものを買ってもらえた喜びを全力で表現し遊びます。

でもすごくパワーを使うのですぐに息切れしちゃうんですよね;;

でも将来価値のあるプレゼントであれば、

①おもちゃ置き場で子供の興味がでるまで温める時間
②子供が興味を持ち始めて遊びだす時間

というタイムラグがあることで、おちついておもちゃと向き合うことができ

一気に遊びきらず少しづつ楽しむことができます。

結果、とても長続きして大切なおもちゃとなる。

そんな思いで、将棋を5歳のお誕生日プレゼントに選びました。

実際に「スタディ将棋」を始めた感想

そしておもちゃ箱であたためること1年。←長っ!!笑

先週末から急に「将棋やってみたい!!」っと自ら長男が言い出しました。

『おっ!きたな!!よし、やろう!!』ってことで

スタディ将棋やりだしたわけです。

この将棋のいいところはズバリ、

分かりやすさ!!

このように各駒に進むべき道が記されています。

将棋全然分からない私でもこれはわかりやすい!!

それに加えて“解説”と“スキルアップブック”がついています。

“解説書”には将棋のルール説明を。

“スキルアップブック”には詰将棋の問題がのっています。

そして幼児から小学生まで幅広い教材提供で有名なさすがのKUMONさん。

“解説書”“スキルアップブック”どちらも納得の分かりやすさです。

詰将棋に関しては、問題攻略的思考が楽しいのか積極的に楽しんでいました♪

将棋のあまり分からない我々もこの分かりやすい説明書のおかげで

簡単に息子に将棋を教えることができ、

息子と一緒に将棋を学んでいます。笑

でも、完全に、頭の柔らかい息子の方が上達が早いんですが。。。笑

今回、将棋をとおして

・将来価値のあるプレゼントの良さ

についてのお話させていただきました。

もちろん、子供の欲しいものを購入することもとっても大事なことですが

その中に1つ“将来価値”のあるものを加えてみると

子供の成長が面白く感じるかもしれませんよ♪

『スタディ将棋』 ↓こちらをクリック↓

NEWスタディ将棋おもちゃ こども 子供 パーティ ゲーム 5歳

価格:3,140円
(2021/2/8 11:15時点)
感想(7件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました