子供に選んであげたい絵本 ~0~1歳児編~

絵本

↓あわせて読みたい↓

正直、0歳の子供に本を読み聞かせている時に
「この本この子理解できてるのかな?」っと思う時ありませんか?

わたし自身もそうでした。

でもね、絵本を読んでいる時の息子の表情やしぐさを見ていると

この子たちにとっての本を読むってそういうことじゃないんだなと感じだしました。

赤ちゃん期にとって“本を理解する”ということはあまり重要ではないのですね。

一見0歳児なので普通のことのように思えますが、

意外と、「まだ理解も出来ないだろうし絵本読み聞かせとかしなくてもいいや」と感じる方は多いようです。

本を理解する。

内容を理解する。

用途に沿った行動をとる。

という前に、赤ちゃん期の子供たちは本を見て聞いて感じて楽しむことがとても重要。

・絵本を読んでくれるパパママの優しい声
・パパママの膝の上の心地よさ
・手を伸ばして触る紙の感触 etc

それらすべての絵本を読み聞かせるという行為を体で楽しむ。

なので、わたしは赤ちゃん期の子供への絵本を選ぶとき

このようなことに気をつけて選ぶようになりました。

・○○が最近好きだから、〇〇の本
・絵本に凸凹がついていて触っても楽しめそうな本
・パパママが楽しんで読み聞かせできる本

そんな風に絵本を選ぶだすと我が子におすすめ絵本がきっと見つかると思います!

それでも、まだどんな風に絵本選びをしたらいいのかな?

っと思うパパママさんへ。

参考までですが、わたしが大好きで息子たちも大好きな絵本を年齢別にご紹介しておきますね。

ぜひ一度お子さんと一緒に読んでみてほしい絵本ばかりです。

子供におすすめ絵本 ~0-1歳児編~

1.いただきますあそび

 この本は離乳食が始まるころ、食べることの楽しみを伝えたり、「いただきます」という食べ物や作ってくれたパパママに感謝する気持ちを一緒に教えることができます♪

 ↓こちらをクリック♪↓

いただきますあそび 改訂版 (あかちゃんのあそびえほん) [ 木村裕一 ]

価格:748円
(2021/2/1 16:38時点)
感想(30件)

2.おべんとうバス

こちらも食べ物シリーズですが、食べ物が身近な存在になるように。お弁当の食材たちが集まってくるしぐさがなんともかわいい絵本です。

↓こちらをクリック♪↓

おべんとうバス [ 真珠 まりこ ]

価格:990円
(2021/2/1 16:39時点)
感想(150件)

3.きんぎょが にげた

とても有名な絵本。
有名なだけあってとっても素敵です。
ある日突然、子供がきんぎょの居場所を言えるようになった時が感動ものです!

↓こちらをクリック♪↓

きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ) [ 五味太郎 ]

価格:990円
(2021/2/1 16:51時点)
感想(1562件)

4.おやさいどうぞ

簡単なしかけ絵本ですが、作りに工夫されていてとても扱いやすいです。
子供たちが大好きなメニューの作り方をコミカルな表現で描いています。
たくさんの擬音語がつかわれているのも読んでいて楽しい一冊となっています。

↓こちらをクリック♪↓

おやさいどうぞ しかけえほん (WORK×CREATE) [ きのしたけい ]

価格:1,100円
(2021/2/1 16:42時点)
感想(8件)

5.じゃあじゃあびりびり

これは、本当に生後1か月くらいから読み聞かせしています。
発色のいい色合いが興味をひき、言葉が出始める頃にちょうど発する音が表現されています。
1歳半を過ぎる頃、絵を見てパパママの絵本を読むマネをしてくれた時は可愛くて仕方ありませんでした。

↓こちらをクリック♪↓

じゃあじゃあびりびり 改訂 (まついのりこのあかちゃんのほん) [ まつい のりこ ]

価格:660円
(2021/2/1 16:43時点)
感想(1441件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました