毎日の食事で手軽にビタミンを摂取する方法とは?

食育コーチング

日々の食事の中で十分必要なビタミンって取れているといえますか??

うーん。。。正直分からないな;;

っという方がほとんどですよね^^;

野菜には水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあるのは有名ですが

どの野菜にどのビタミンが入っているか?なんて

栄養士でもないかぎり覚えてられない・・・

そんなことよりも、毎日食事準備するだけでいっぱいいっぱいなのよ!!!

そんな声が聞こえてきそうです。笑

実際、わたしもそうです。

仕事に育児に家事にとバタバタなので、

ビタミンまで気を使って食事の準備なんてしていられません。

でもね。

1つのポイントだけを押さえれば

だいたいの水溶性ビタミン・脂溶性ビタミンが取れる!!

こう考えると、すこーしビタミンのこと考えて料理してもいいかも?っと思いませんか?

今回はそんなお話です^^

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンとは?

ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあります。

水溶性ビタミン

水に溶けやすいビタミン。
水に溶けやすいので、体内で吸収されてもすぐに排出されてしまいます。

蒸す < 炒める < 煮る < 茹でるの順にビタミンの溶けだしが多くなります。

【野菜の種類】
ホウレンソウ、ブロッコリー、えのき、しめじ、スナップエンドウ
パプリカ、アスパラ、レンコン、芽キャベツ、にんにく・・・など

脂溶性ビタミン

油と一緒に摂取すると吸収力UPするビタミン。

【野菜の種類】
にんじん、トマト、カボチャ、エリンギ、しめじ、マイタケ、ニラ
春菊、小松菜、パプリカ

え!?でも、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン両方に同じ野菜があったりするけどどうしたらいいの??

ですよね~~

このどっちもに属する野菜とかがあるがゆえに、訳が分からなくなるやつね;;

でも心配ご無用!!

そんな時は両方のビタミンをしっかりとれる調理をすれば良いだけです。

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの両方を効率的にとる2つのポイント

前述にもあるように、

水溶性ビタミンは水に溶けやすい。
脂溶性ビタミンは油と一緒に摂取して吸収力
UP

ここを押さえて調理を考えます。

簡単に言うと、この図の通り。

そうすれば、水溶性ビタミンは水に脂溶性ビタミンは油に溶け込み

わざわざ水溶性ビタミンの野菜と脂溶性ビタミンの野菜を区別することなく

効率的に各種ビタミンを摂取することができます。

『ビタミンもう逃がさない!!』レシピ

それはこのブログでもいくつか紹介させていただいている

『電子レンジだけでできる!簡単おいしい副菜ナムル』

ポイント!

・電子レンジ調理なので野菜から水溶性ビタミンの流出を防ぐ
・ごま油を加えることで脂溶性ビタミンの栄養素も吸収力UP

 

『【究極時短テク】ポリ袋で出来る簡単白菜ナムル』

ポイント!
・ポリ袋調理なので簡単
・白菜から出た水分も一緒に調理
・白菜はビタミンCが豊富♪
 ビタミンCは熱に弱いので加熱せず調理することで美肌効果も☆

このように、水と油を上手に調理に取り込むことで

ビタミンを逃がすことなく食事で摂取することが出来ます。

しかも、どちらのレシピを見てもらってもわかるように簡単!!!

“ビタミン”っと聞くと少し難しいイメージがしますが

本当は簡単に手軽に毎日の食事で取り入れることが出来るのです。

ご家庭での食育コーチングにぜひこのポイント取り入れてみてくださいね♪

↓あわせて読みたい↓ ★食育コーチングに関してはこちらをご覧ください

////////////////////////////////////////////////////////////

食育コーチング 公式LINE↓↓

友だち追加

食事のお悩み一緒に解決しましょう^^

///////////////////////////////////////////////////////////

コメント

タイトルとURLをコピーしました